リンパマッサージダイエット

リンパマッサージで、ストレスをため込まない身体づくりを!

リンパマッサージで、ストレスフリーな身体を目指しましょう!

ストレスは皆さんの身体と密接に関わっています。東洋医学では、心と身体はつながっていると考えて、両面からのアプローチを大切にします。いらいらしたり、ストレスがピークに達する前に、毎日のセルフケアで、ストレスを軽減させましょう。

ストレスをとるリンパマッサージ

1.腹部をおし、さする

あお向けになって、ひざを立てる。みぞおちに4本の指をあて、肋骨に沿って内側から外側へおしたあと、さすっていく。ストレスがたまってくると、お腹が膨らんでくる感じがするはずです。これは気が滞っている証拠です。腹部のマッサージをしっかりと行いましょう。
代謝系ボディをつくる リンパマッサージ7秒ダイエット|腹部をおし、さする
2.手のひらのツボをおす
手のひらの中央にある「労宮」というエネルギーアップのツボを、反対側の親指に垂直にあて、3〜5秒かけてゆっくり押します。反対の手のひらも同様に。労宮は天の気を取り込むツボです。昔の人は手のひらを天に向けて、天の気を身体に取り込んだとされています。
代謝系ボディをつくる リンパマッサージ7秒ダイエット|手のひらのツボをおす
3.腕の内側をさする
4本の指を手首の内側にあて、腋窩リンパ節に流し込むように、手首からワキへ向かってさする。反対の腕も同様に。特に腕の内側は、心にとても関係のある経絡があります。リンパを意識すると共に、経絡も意識してみましょう。また腕は細く、力が入れにくい箇所でもあります。マッサージされる側の手をできるだけ動かないように意識して、反対側のマッサージする手の圧を逃がさないようにしましょう。
代謝系ボディをつくる リンパマッサージ7秒ダイエット|腕の内側をさする
4.かかとの中央をおす
足の裏のかかと中央部にある「失眠」のツボを、両手の親指を重ねて、体重を乗せながらおす。ここは不眠症に効果のあるツボ。イライラしたり、ストレスが多いと、眠りが浅く、よい睡眠が得られません。就寝している間に交感神経、副交感神経のスイッチが行われ、人間として、バランスのよい調節が行われるので、質のよい睡眠をとることはとても大切です。
代謝系ボディをつくる リンパマッサージ7秒ダイエット|かかとの中央をおす

効果が出にくい場合は、カウンセラーにご相談ください。ここで紹介した方法は、渡辺佳子の著書「代謝系ボディをつくる リンパマッサージ7秒ダイエット」から一部抜粋して紹介しております。より詳しい内容は書籍をご覧ください。

 




リンパマッサージ|銀座ナチュラルタイム

 

 

 リンパマッサージ 師の心と体を癒す仕事
リンパマッサージ ダイエット
採用情報
採用情報
サロン紹介
 銀座ナチュラルタイム治療院

経絡リンパマッサージ専門治療院

銀座ナチュラルタイムグループ姉妹店紹介